Go to content Go to navigation Go to search

BitNami Redmine Stack 0.9.6 から 1.0.2 にアッブデートしてみた。

10月 9th, 2010 by mattari

Redmine のバージョンが念願の 1.0 になり、BitNami も更新されていました。

さっそく BitNami のページから 1.0.2 をダウンロードして、いきなりインストールを開始すると、

「The selected folder is not empty.」と激しく叱られました。

キャプチャ

まずは旧版のアンインストールが必要なようです。

 

とうことで、

  1. DBを export
  2. <redmine_toor>/files をバックアップ
  3. <redmine_root>/vender/plugins にある、追加したプラグインをバックアップ
  4. subversion のリポジトリをエクスポート
  5. 0.9.6 をアンインストール
  6. 1.0.2 をインストール
  7. DB をインポート
  8. DB をマイグレート
  9. files と plugins を書き戻す
  10. subversion のリポシトリをインポート
  11. BitNami を再起動

で、無事に移行できました。メンドクサ、、、

ちなみに、migrate はスタートメニューの [Use BitNami redmine Stack] からプロンプトを起動して、以下のように入力します。

 

> cd C:\Program Files\BitNami Redmine Stack\apps\redmine 
> rake db:migrate RAILS_ENV="production"

0.9.6 で使ったていたプラグインはほぼ全てそのまま動作しましたが、1つだけ「Redmine Issue History Tabs Plugin」(チケットの履歴部分を履歴とコメントに分けて表示してくれるプラグイン)が動作しなかったので削除しました。これがあるとチケットを開けなくなるので注意が必要です。

 

Redmine 1.0.2 では、ガンチャートとカレンダーがトップメニューに格上げされていて、よりプロジェクト管理ツール色が強くなった感じがします。

キャプチャ5

 

2 Responses to “BitNami Redmine Stack 0.9.6 から 1.0.2 にアッブデートしてみた。”

  1. いぬ Says:

    こんにちは。余計なお世話とは思いますが、同じく悩んだ者として一言。
    「Redmine Issue History Tabs Plugin」は削除ではなく、Update文をひとつ実行するとよいですよ。
    update issues set parent_id = NULL, root_id = id, lft = 1, rgt = 2;

    以下を参照してください。
    http://www.redmine.org/issues/5907#note-8

  2. mattari Says:

    情報ありがとうございます!
    おかげさまで完璧に移行できそうです。

Leave a Reply

関連記事