Go to content Go to navigation Go to search

BitNami Redmine Stack に TestLink を入れてみた。

9月 18th, 2011 by mattari

以前の記事「Redmine サーバに TestLink をインストールしてみた。」で、BitNami Redmine Stack とは別に Redmine WAMPStack を使って TestLink をインストールしてみましたが、Apache やら MySQL が複数動作するのも気持ち悪いので、BitNami Redmine Stack に TestLink を組み込んでみました。

手順としては、以下になります。

 

      1. BitNami Redmine Stack に PHP を組み込む
      2. TestLink を組み込む

 

BitNami Redmine Stack に PHP を組み込む

 

(1) PHP 5.3 のスレッドセーフ版のZipファイルを以下から入手します。
     (TestLink1.8 をインストールする場合は、PHP5.2を使います)

 

               VC9 x86 Thread Safe

                http://windows.php.net/download/

 

(2)BitNami Redmine Stack のルートにphpフォルダを作成し、
        上記を解凍して出来たファイル一式を置きます。

C:/Program Files/BitNami Redmine Stack/php/

(3)phpフォルダにある php-ini.production を php.ini にリネームし、
        以下のように修正します(修正する行のみ抜粋です)。

        default_port は $BITNAMI_ROOT/mysql/my.ini の port の値を参照します。

;error_reporting = E_ALL & ~E_DEPRECATED
max_execution_time = 120

extension=php_curl.dll
extension=php_gd2.dll
extension=php_mbstring.dll
extension=php_mysql.dll
extension=php_mysqli.dll
extension=php_openssl.dll

extension_dir = "C:/Program Files/BitNami Redmine Stack/php/ext"
enable_dl = On
   :
[MySQL]
mysql.default_port = 3306 
mysql.default_socket= "C:/Program Files/BitNami Redmine Stack/mysql/tmp/mysql.sock"

 

[Session]
session.save_path = "C:/Program Files/BitNami Redmine Stack/php/tmp"
session.gc_maxlifetime = 2880

 

[MySQLi]   myphpadmin 用
mysqli.default_port = 3306
mysqli.default_socket= "C:\Program Files\BitNami Redmine Stack/mysql/tmp/mysql.sock"

(4) php フォルダの配下に “tmp” フォルダを作成します。

(5) php フォルダにある php5ts.dll を Windows の system32 フォルダにコピーします。

(6)Apache2 で php が動作するように、http.conf を以下のように修正します。

        “C:\Program Files\BitNami Redmine Stack\apache2\conf\httd.conf”

<IfModule dir_module>
    DirectoryIndex index.html index.php
</IfModule>

   :

LoadModule php5_module "C:/Program Files/BitNami Redmine Stack/php/php5apache2_2.dll"
AddType application/x-httpd-php .php
PHPIniDir "C:/Program Files/BitNami Redmine Stack/php"

TestLink を組み込む

 

(1)apps フォルダの下に “testlink” フォルダを作成し、
        その下に “htdocs” と “conf” の2つのフォルダを作成します。

C:\Program Files\BitNami Redmine Stack\apps\testlink\htdocs

             \conf

(2)htdocs フォルダの下に testlink のファイルを全て置きます。

(3)conf フォルダの下に testlink.conf ファイルを新規作成し、以下のように記述します。

Alias /testlink "C:/Program Files/BitNami Redmine Stack/apps/testlink/htdocs"

<Directory "C:/Program Files/BitNami Redmine Stack/apps/testlink/htdocs">
    AllowOverride None
    Options None
    Order allow,deny
    Allow from all
</Directory>

(4)httpd.conf の最後の方にある Include に testlink.conf を追加します。

Include "C:\Program Files\BitNami Redmine Stack/apache2/conf/ssi.conf"
Include "C:/Program Files/BitNami Redmine Stack/apps/redmine/conf/redmine.conf"
Include "C:/Program Files/BitNami Redmine Stack/apps/testlink/conf/testlink.conf"

(5)最後に BitNami Redmine Stack を再開始します。

           (1) [スタート] → [Start BitNami redmine Stack]

                   → [BitNami Redmine Stack サービス] → [BitNami Redmine Stack サービスを停止]
           (2) [スタート] → [Start BitNami redmine Stack]

                   → [BitNami Redmine Stack サービス] → [BitNami Redmine Stack サービス開始]

 

あとは、”http://<myServer>/testlink” にアクセスし、TestLink の初回イスントールを実施してゆきます。 
途中で入力するMySQLの管理者名とパスワードは、my.ini に書かれている値です。

 

Leave a Reply

関連記事